EC力向上コラム

BOSS会EC力向上コラム

メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(8)
~ 金融会社としての楽天 ~
最終更新日 2020年04月01日
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法 株式会社ネットショップスタジオ


株式会社ネットショップスタジオ
代表取締役 桑田 晋一

今回も少し趣向を変えて、元楽天株式会社執行役員のシバタナオキさんの著書である、
「決算を読む習慣」の読書感想文という形でコラムを展開しようと思います。
もちろん、全て読書感想文だけでなく、独自の展開も入っています。

この本はタイトルからすれば、経営者や財務・会計向けの本と思われますが、EC事業の
ビジネスモデルを示しているので、EC関係者が読むとより価値が高いのではと思われます。

ぜひ、読んでみてください。amazonへのリンク貼っておきます。笑
http://ur0.link/FyTx


【テイクレートという考え方】
面白い考え方をしているのが、テイクレートというものです。
これは楽天市場やamazonなどのECショッピングモールの流通量に対して、プラット
フォーム側がどれだけ売り上げているかという割合です。

提供している市場規模に対してどれだけ“儲けている”かと言い換えることもできるかと思います。

著書によると、プラットフォーム側の売上は、
・出店料
・売上手数料(通常、取扱高の数パーセント)
・広告掲載料
の3つで構成されるとのことです。

これはその通りですよね。

その上で各国のテイクレートをまとめています。
・アメリカ:10%弱
・日本:7~8%
・中国:3%
とのことです。

この数値が結構面白くて、各ショッピングモールがどれだけ儲けているかの指標となり、
戦略が垣間見れます。

基本的には、市場シェアを取りたいタイミングではテイクレートを抑えて、利益を取りたい
タイミングでテイクレートを上げるのだと思われます。


【意外と安い?楽天市場】
こう考えると楽天市場のテイクレートはアメリカなどEC市場が成熟している国に
比べて安いと言えます。また、過去は固定費用のみで売上に対する歩合を取らずに
やってきたので、非常に低いテイクレートで市場シェアを広げてきた経緯もあります。

こう見ると、楽天は高い高いと言わず、応援したくもなるというものです。

ちなみに中国は3%と低いですが、これはシェア拡大のための戦略だと思いますので、
アリババグループが十分にシェアを獲得できた現在、今後は上げてくると思われます。


【金融会社としての楽天】
また、本では多角化についても言及しており、楽天の金融、amazonのAWS(クラウド事業)が
実は利益を生み出す事業となっている旨記載がありました。

楽天はSPUといういつでもポイント7倍というキャンペーンを展開しています。
楽天の売上ではなく、流通に対する7%を還元するということなので、非常に大きな還元だと
言えるでしょう。

なぜこれが可能かというと原資のある楽天銀行や利益率の高い楽天カードからポイントを
持ってきているからです。楽天エキスポでも三木谷社長が「これが楽天市場からだったら
良いんだけどね。。。」と一言洩らされていました。

これは楽天市場の強みだと思います。
楽天は楽天市場で稼ごうとするのではなく、稼ぎ頭の金融事業の入口商品にしようとしています。
楽天市場であまり儲けようとしていないということです。

出店側としても「楽天はお金を持って行きすぎて。。。」と一言言いたくなる気持ちは分かりますが、
楽天の多角化によって恩恵を受けていると思って接した方が、精神衛生上良いのではと思います。

その他、著書にはヤフーショッピングの戦略やamazonの戦略、爽快ドラッグ買収の戦略など
興味深い内容が色々書かれています。お勧めの1冊です。


メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(1)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(2)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(3)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(4)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(5)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(6)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(7)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(9)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(10)
メーカーがゼロから楽天で1億の販路を作る方法(11)


ネットショップスタジオではこれから本格的にWEB直販に取り組みたいと
考えられているメーカー企業様向けに無料相談を行っております。
ご希望の企業様は下記BOSS会運営事務局宛てにお気軽にお問い合わせ下さい!

※当コラムの内容は無料のメールマガジン【BOSS会 News】でも
 お届けしております。ご興味がある方はご登録頂けたら幸いです。

 無料メルマガ【BOSS会News】ご登録フォーム
 https://www.bosskai.net/e-mag.html



株式会社ネットショップスタジオ 代表取締役 桑田 晋一 (くわた しんいち)
株式会社ネットショップスタジオ 
代表取締役 桑田 晋一(くわた しんいち)

■プロフィール
1981年生まれ。おうし座。2006年慶應義塾大学経済学部卒。
学生時代はアメフトサークルでクォーターバックとして活躍。

大学卒業後の2006年にネットショップに特化したホームページ
制作会社を創業。2010年、ネットショップの運営代行に特化した
(株)ネットショップスタジオを創業。メーカーの販路拡大をミッションに
メーカーの楽天直販で1億円達成を目指す「楽イチ」などのサービスを展開。
EC経営者交流会BOSS会幹事も務める。

・BOSS会【EC経営者交流会】幹事
BOSS会アライアンスパスポート(イベント招待パス)掲載企業
・株式会社GOJOチャレンジ 取締役
・100年経営研究機構 法人会員


お問い合わせはこちら
【BOSS会運営事務局】(担当:渡辺)
MAIL : support@bosskai.net
◀︎前のページへ戻る

▲このページの上へ戻る