EC力向上コラム

BOSS会EC力向上コラム

売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動(3)
-見直すべき行動①設計-
情報掲載日 2020年03月03日
売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動 株式会社テマヒマ


株式会社テマヒマ
代表取締役 平岡 大輔

ここからは具体的に何を見直せば良いのかについてお話していきます。
まずは、マーケティング計画です。適切なプランと行動が、理想的な結果を連れてきてくれるからです。


【マーケティングプランの型】
マーケティングプランには型があります。基礎にして奥義とも言えるものです。
それが「誰に・何を・どのように」です。何を今更、と感じられたかもしれませんが、
実際にはこれを正しく扱えていないことが多いです。

「誰に・何を・どのように」は枠組みです。中に何を入れるかによって、見えているものが
変わります。よくあるのが、このような感じです。

● 誰に(性別、年齢、居住地、 職業)
● 何を(商品)
● どのように(媒体、キャンペーン)


これでは見込み客を特定することもできず、買う理由を提供することもできません。
ただ、どの媒体にどんなキャンペーンを出すのかという、広告目線のプランしか出来上がりません。
広告代理店が媒体選定のために使う情報と言えます。

これではマーケティングは成功へと導けません。具体的には以下の要素を入れていきます。

● 誰に
・ 課題(どんな悩みを解消したいのか、何を達成したいのか)
・ 価値観(どういう判断基準を持っているのか、何を大事にしているのか)
・ 状態
① 何もしらない
② 問題は知っている
③ 解決策を知っている
④ 解決のための商品を知っている
⑤ 商品も売り手も知っている

● 何を
・ ベネフィット(商品を使うことで与えられるプラスの変化は何か)
・ 証拠(ベネフィットの裏付けとなる特徴や仕様や機能、実績は何か)
・ オファー(見込み客の損失のリスクを肩代わりする取引条件はどんなものか)

● どのように
・ セールスステップ(見込み客が買い求めやすい販売ステップになっているか)
・ プロモーションフロー(認知から購入までのプロセスを可視化できているか)
・ メディアプラン(顕在層潜在層に向けて役割を分けた媒体構成、配信設計か)

これらを決めることで、どんな見込み客に対して、どういう価値提供をしていくのか、
それを伝えて実現するために何が課題なのかがわかるようになります。

何を実現すれば、ゴールへと近づくのかがわかっていなければ、ゴールへと向かうことは
できません。10億の壁を突破できるかどうかは、このプランニングにかかっています。


売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動(1)
売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動(2)
売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動(4)
売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動(5)
売上10億を目指すEC企業が今すぐ見直すべき3つの行動(6)


※当コラムの内容は無料のメールマガジン【BOSS会 News】でも
 お届けしております。ご興味がある方はご登録頂けたら幸いです。

 無料メルマガ【BOSS会News】ご登録フォーム
 https://www.bosskai.net/e-mag.html



株式会社テマヒマ 代表取締役 平岡 大輔 (ひらおか だいすけ)
株式会社テマヒマ
代表取締役 平岡 大輔(ひらおか だいすけ)

■実績
マーケティング支援企業は200社超。
3,000名以上のマーケターが登録し、毎回30%以上の開封率を叩き出す
モンスターメルマガを運営。web上には出てこないリアルなマーケティングの
話をシェアするイベント「渋谷マーケティング会議」を主催。

■会社概要
マーケティング脳を作る会社として、マーケティングのノウハウ・
スキル・リソースの提供を企業に対して行っている。自身でも10億越えの
単品リピート通販事業を営み、最新の手法の実践に取り組んでいる。
学びと実践機会の提供のためにビジネススクールも開講し、実践力のある
マーケターを世の中に輩出するために積極活動中。

・BOSS会【EC経営者交流会】オフィシャル会員企業
BOSS会アライアンスパスポート(イベント招待パス)掲載企業


お問い合わせはこちら
【BOSS会運営事務局】(担当:渡辺)
MAIL : support@bosskai.net
◀︎前のページへ戻る

▲このページの上へ戻る